お米を買うときは10kgがお得!?業務スーパーと通販サイトで比較検討してみた!

家事など暮らしにまつわる知識!

暮らしの中で、食費の大半を占めるのは主食である「お米」ですよね。

一般のブランド米を「5kg」買ったら3500円程度持っていかれるので、お財布にはあまり優しくないですよね。でも、その代わりブランド米は食の安全や味が保たれるわけです。

また、何でも一番安いお米を買うというのは「危険」なのでお勧めしません。例え安くても産地などを見てから買うのが安全です。ここだけの話ですが、安いお米でも炊き方次第で味も変わってくるので一概に安いからまずいとも言い切れません。

今回は巷で有名な業務スーパー、他激安店、大手通販サイトで値段を比較して見てどういう買い分けをしたら良いのかを考えてみました。

スポンサーリンク

お米が安く買える理由

まず、お米が安く買える理由に迫ります。これを知る知らないでは、選び方が結構変わるので私が実践している選ぶときの視点も紹介します。

 お米の種類

IMG_16751

お米の種類には

・ 単一原料米(産地ブランド米)

・ 単一銘柄米(同種のブランド米の古米や古古米をブレンドしたもの)

・ 複数原料米(異種の米をミックスさせた米)

・ ブレンド米(複数原料米とほぼ同じ解釈)

このお米の種類の中で「複数原料米」「ブレンド米」が飛びぬけて安いです。理由は、「古米」と砕けた様なお米「クズ米」を混ぜているため、安くなっています。

スーパーなどで、生産地を比較しながら見てみるとブレンド米の方が産地が割といいところだったりします。

単一銘柄米は、同品種の「古米または古古米」を混ぜて使っていて多少安いところがありますが、「ブランド米」価格の約30%~40%分安くなっているだけですね。

最後の単一原料米は、「同産地、同種、同生産年度」が全て一致している「ブランド米」とも呼ばれる種類です。

お米の主な表示

okome_hyouji

これは、私が業務スーパーで購入した「味一善」の表示になります。

表示項目を上から順に説明すると

◆ 名称について

「名称:精米」とありますが、「精米」か「玄米」もしくは「未検査米」のどちらかで表示されます。大抵、白米の場合は「精米」です。

◆ 原料について

お米で言う「原料」というのは、我が日本の場合は「産地・品種・産年・使用割合」が詳しく書かれます。しかし、複数原料米及びブレンド米に関しては書かなくても良いという取り決めがあるみたいで書かれないのが多いです。

複数原料米(ブレンド米)の場合の表示は、「産地国」と「産国の使用割合」だけ書かれていることが多いです。

なので、この表示に関しては「国産ブランド米」や「ブランド米を使用した単一銘柄米」なら「産地・品種・産年・使用割合」が書かれます。「複数原料米」や「ブレンド米」なら「産地国・産国の使用割合」しか書かれません。

例外のひとつで、「ブレンド米」でも詳しく書かれる場合があるみたいです。しかし、その真相は「ブランド米と他のブランド米」を混ぜたパッケージのみなんですよね。

実際のところ、利益のための表示に近いです。

※ 上の画像には、「原料玄米」と記してありますがお米のパッケージ毎に違うため、「原料」でご了承ください。

◆ 内容量のついて

これもパッケージ毎に表現のしかたがことなります。(内容量、容量)簡単に言えば、入ってる量になります。

◆ 精米年月日について

これはお米を包装した日にちが、だいたい書かれます。書かれるパッケージの場所は、商品の種類ごとに分かれますが「パッケージの裏」か「上の画像のようなお米の表示の近く」のどちらかに書かれます。

◆ 販売者について

販売者の表示は、だいたい「米穀問屋」か「直販農家さん」の名前が入ります。

安いお米は体に大丈夫?

やはり安いのは魅力的ですが「安心・安全」は欠かせません。なので、少ない情報の中で何が安全なお米なのかをしっかり見る目が必要です。

なので、私が実践している選び方も説明します。

お米の食中毒

セレウス菌は、常温でよく繁殖します。
そのため、炊いたご飯や炒飯を常温で放置すると、セレウス菌の温床に…。

セレウス菌が引き起こす食中毒の症状と予防法 | 四季彩ノート

と言うような、お米に限らない話ですがこういうのも検索したらありました。

しかし、複数原料米と言えど国産であれば「食中毒」になる可能性が低いとも思われます。更に一年間、業務スーパーに陳列されている「10Kg 2500円」のお米を食べ続けている私が証明しています。

安いお米は複数原料米といって複数の原産地からかき集めているため、米粒が揃っていませんが、健康上に問題はないので安心して食べれます!

お米の選び方

私がやっているお米の選び方

業務スーパーの場合は、国産の複数原料米であることを確認した後、お米のパッケージの中が見える透明部分を見て黒い点(黒い米粒)など目で見て「おかしい」と思ったら違うパッケージにしましょう。

通販の場合は、国産のブランド米がとある直販農家のストアで「10Kg 3000円~4000円以内」で買えることがたまにあります。そこを上手く張り付いたりして、買えるタイミングを待ちます。

実物が見えない通販では「複数原料米」はあまり良いイメージはないですが、実際のところ業務スーパーよりも安いお米なので値段的な意味で魅力です。また、安くても「通販レビューが☆3以上」と良いものもたくさんあるのでそこをよく見て購入すれば、失敗は無いかと思われます。

どんなに安かろうと、精米の品質は「白いこと」なので、不安要素を排除しましょう。

ときより他サイトや通販レビューで「マズイ」「風味がない」などありますが、古米などを使っているので当たり前です。ですが炊き方によってブランド米よりおいしく炊ける方法があります。それは後に発信していきます。

5Kgと10Kgの値段差

みなさんは、意外と差はないと思われますが「200円~300円」と割と大きい差になります。

「10kg買うにせよ一人暮らしでは、衛生的にまずいんじゃないの?」と思う人は少なからずいると思います。なので、お米の画期的な保存方法を参照して参考にしてもらえてば長期保存もできるので、衛生面の問題は解決できましたね。

各お店、通販で比較してみました。

 業務スーパーの最安米(10kg)

安さの鉄板「業務スーパー」でブランド米以外をリサーチした結果!

業務スーパー(お店HP)

10kg : 約1720円~約2138円

品名 : 業務用精米 1720円

品名 : 国内産 味一善 2138円

というような感じになりました。

無洗米も5kg=1000円以下で買える時もあったので節約にはもってこいですね!

ドン・キホーテの最安米(10kg)

消費物全般が格安なのでリサーチした結果、業務スーパーと並ぶほど安かったです。あと「マジカ」とかいう電子マネーの円満会計を使うと1円の位が切り捨てで、最大9円安くなります。

ドン・キホーテ(お店HP)

10kg(税抜): 1680円 !

品名 : ごはん大好き!! 1680円

他にも

秋田産 5kg(税込):1080円

と安かったのですが、値段表示が「税抜き」なので本当に安いのかわからないので計算しました!!

お米(税抜) 1680円 × 0.08 円 = 134.4円なので

1680円 + 134.4円 = 1814.4円

Amazonの最安米(10Kg)

インターネットの世界は幅広く、ピンからキリまでありますので「1100円~2000円」の間でリサーチをしました!

※送料は考慮していません。

ストア毎の価格争いで結構安いものがありました。ですが、生産地など分からないものが多く少し怖い面もあります。

が、しかし!レビューやストアの商品情報で国内産ということが分かるので安心して購入できます!!

通販で、ブランド米をスーパーより安く買える場合があるので探して見るのもいいですね!!

まとめ

どうでしたか?

いままでに挙げたことを整理すると、以下の通りになりましたよね?

  • お米の安さは「複数原料米」か「単一原料米」かで違ってくる。
  • 複数原料米は安い!
  • スーパーより通販の方が安い!

お米の品質は違っても、食べれないものではないので安心して買うことができますので節約生活にはもってこいです!!どんなにお米が安くてもしっかり選んで、賢く買いましょう!

「10kgを買っても保存する場所がない」という方は、こちら「お米の画期的な保存方法」を読んでみてください。

スポンサーリンク

フォローする

運営者・筆者
 

運営者(兼)筆者 : そるてぃ・らいん

情報系の学生で、平成生まれのアニメ・ゲーム・パソコンヲタク。 所謂ネトゲーマー。

三度の飯よりミルクティーが好き。安いものを見たら相応かそれ以上か確かめたくなる心情。