QBハウスなどの1000円カットへ利用するときに知っておきたい大事なこと!

関東のあちこちに1000円カット(QBハウスなど)の床屋・散髪店が増えてきました。つい最近、私の住む町にも出来てすごい助かっております。

1000円カットは、価格的にも大変魅力的ですが普通の高い美容院とは違い、必要最低限のみサービスで店舗を展開しているため、入店の時に少し勘違いしている人が多々いるらしいです。流石に、大変安いので1000円カットにもメリットとデメリットは存在します。

しかし1000円カットの場合、日本人であるならデメリットは「苦」とも感じないぐらいのもので「髪を切る」だけならコスパはピカイチかと思われます。

私が良く利用する1000円カット店で、国内600店舗・国内外500店舗以上を展開する最大手である「GBハウス」、それに匹敵する「インプレスト」と都内の美容院を例にメリットとデメリットをそれぞれ挙げ、1000円カットを利用するとき後悔しない髪型の注文の仕方を紹介していきます。

スポンサーリンク

QBハウス・インプレスト(1000円カット)

何かと安い1000円カットのメリットとデメリットを挙げていきます!

メリット

・ 価格が安い

1000円カットなので、値段は1000円と税金を合わせた額(1080円)で散髪してもらえます。1000円の割に結構丁寧なので、結構お得です。

対して都内の美容院は、2000円から5000円と様々で結構かかります。なので、私の様なこだわりの無い人が美容院行くのは大分もったいないと思います。美容院1回分で1000円カットが複数回行けますよね!

・ 散髪作業が丁寧で時に速い

建前上では、1000円で10分ということなのでお手入れ程度など細かい注文がない場合は数分で終わります。

1000円で10分カットというふうに見られますが、カットする髪の毛が長髪で多すぎたときは、3倍の時間(30分以上)かかるときがあります。その時は、追加料金もなく丁寧にやってくれるのですごい助かってます。

・ 美容師さんの接客が意外に丁寧

髪の毛を切る作業へ入る前に、切った髪の毛が掛からない前方のロッカーに荷物をしまってくれます。てっきり、1000円カットなので荷物は床置きかと思いましたが、ここまでの心遣いがあるのかと思いました。

意外にも「GBハウス」や「インプレスト」は地域密着型を目指してみるみたいで、接客応対もそこらの3000円の理髪店・美容院に劣りません。

・ 注文した髪型の再現度が高い

的確に分かりやすく注文を言えば、自分が思ったような髪型にしてくれます。(ハサミとバリカンで出来るものに限る)短時間で量を熟しているので、聞き取った注文から短時間で仕上げる技術力は高いと思われます。

私の場合「QBハウス」「インプレスト」に限っては、散髪後の不満はぜんぜん無いので、安さによる当たり外れは無いに等しいのではないと思います。

・ あまり馴れ馴れしくない

理髪店や美容院にありがちな散髪中にある会話が、ある場合と無い場合があります。それは、1000円カットの店員によりますが「雰囲気」「空気の読み」から来る場合があります。

そもそも、規定の10分前に終わらせる努力をしなくてはいけないので、1000カットの美容師さんは、しゃべる暇はないと思われます。逆に私から話を振ったら、乗ってくれます。(店員によります)

・ 衛生面は徹底的に気を使っている

使ったバリカンやハサミなどは、一定時間の間は紫外線消毒をしています。また、使ったクシはお客さんにあげる(持って帰れる)か捨てるかの徹底ぶりです。なので、安さによる除菌消毒の怠りは絶対ないので安心です。

・ アクセスがしやすい

主に「QBハウス」「インプレスト」は、駅構内デパートの中や駅前などに多く店舗があります。学校帰りや仕事帰りに少し髪の毛を切って帰りたい場合に凄い便利です。

就活や身だしなみに気を遣う現場に行かなくては行けなくなった場合に「髪の毛で耳が隠れている」「前髪が異常に長い」などの緊急時にすぐ利用できるのではないでしょうか。

・ (QBハウス)たまにプチキャンペーンをしている

新店舗や期間制など景品がもらえるキャンペーンがたまに行われています。私自身も凄い太っ腹だなと思いつつ、街中で景品引き換え券付きポケットティッシュを配ってたので、それを使いステンデスダンプラーをいただきました!

デメリット

・ できる髪型とできない髪型がある

・ 予約は受け付けてない(できない)

休日の1000円カットの店舗は学生やサラリーマン、ご老人と店舗の内の町椅子に入りきらずに外まで並ぶほど行列ができます。自分の番までに2~3時間かかる場合もあります。

1000円カットは、日時の予約は受け付けていません。

というのも、並んだ順が散髪する順番というふうになるので、そもそも予約の概念はないです。なので、1000円カットで行列に出くわした場合、10分間の作業はあくまで建前なので辛抱強く自分の順番まで回ってくるのを待つしかありません。

・ 美容院のようなサービスは無い

1000円カットは美容室とは違い、カットのみで安さを確立しています。なので、シャンプーやブローなどを行う設備はありませんので、できません。また、安さを実現するために余計なサービスは無いので、カット以外のメニューもありません。

美容院には、待ち時間に雑誌や飲み物、リラックスできる空間が提供されているところもあるようですが、1000円カットの店舗には、そんなサービスはないのであまり期待しない方がいいかと思われます。

・ 髪を切る人(美容師)の指名はできない

やっぱり自分の髪の毛を切り慣れた人に切ってもらいたいのは十分に分かります。ですが、1000円カットの基本システムは散髪し終えた人の次というのが鉄則で、ランダムに近いです。

実際に、自分を担当する美容師さんはだいたい予想できますが、作業時間もあるのでだいたい運で決まります。

・ 最後の仕上げは大雑把

髪型が仕上がった後、髪の毛の間に切った毛があるので、それを取るために「掃除機」を使って頭の髪の毛にあて、吸い取ります。当然ながら、仕上げに使うものなので、その掃除機は専用のもので、吸引ヘッドは消毒されています。

しかしながら、掃除機で吸われたくないという人もいるのではないかと思い、デメリットに挙げました。

私は掃除機吸引による仕上げは、とても合理的で効率のいい仕上げだと思っています。

後悔しない注文のポイント

やはり、注文のポイントの一つは「分かりやすく伝える」ということなので、曖昧にしないで「数字」または「目安」をはっきりと言いましょう。

分かりやすく、ポイントごとにまとめてみました。

・ 全体的な髪の毛の多さ(例:髪の毛の量を全体的に少なくしてください。)

・ 前髪の長さ(例:眉毛に合わせるくらいの長さにしてください。)

・ もみあげ・サイドヘアー(例:耳に被らないぐらいでもみ上げは合わせてください。)

・ 後ろの髪の毛の長さ(例:後ろの髪の毛は長さを残さないぐらい短く。)

私は、例に挙げた内容のような感じでいつも言っています。後悔しない注文をするには、曖昧なことは言わないのが鉄則となります。

最初は、抽象的で良いので言い切ってみましょう!曖昧なことを言ってしまうと逆に美容師さんに考えさせてしまって、自分の思ってたのと違うなんてこともありえるので、伝える努力をしましょう!!

まとめ

1000円カットは、本当に安く散髪ができるので大変便利で家計的にも大変助かっています。美容室などで、そんなに際立った髪型にしないのであれば、1000円カットは大いにおすすめできます。

また、1000円カットでできない事とできる事があるので美容室では形を整え、1000円カットでは、維持管理をするといったコスパを考えた使い分けもできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

運営者・筆者
 

運営者(兼)筆者 : そるてぃ・らいん

情報系の学生で、平成生まれのアニメ・ゲーム・パソコンヲタク。 所謂ネトゲーマー。

三度の飯よりミルクティーが好き。安いものを見たら相応かそれ以上か確かめたくなる心情。