オークションサイトは本当に怖い!?注意するべきことを徹底ガイド!!

一人暮らしを始めるにあたって家電製品をオークションで揃えました。目次から「新生活に必要な家電や家具の購入費について」を参照

オークションは本当に怖いです。入札がリアルではないので慣れていない人は色々トラブルに巻き込まれやすいです。

というわけで、ネットオークションで気を付けるべきことをガイドしていきたいと思います。

スポンサーリンク

主なインターネットオークションサイト

Yahoo! オークション

入札は年齢制限、出品はプレミアムアカウントに登録な上、手数料がかかるため悪徳業者の振るい落としがある程度できてるため信用度としては高いです。

楽天オークション

入札、出品ともに無料で切るため手軽です。もし、オークション初心者なら「出品」「落札」の練習になりますが、無料ですから悪徳業者が点在しています。

例えば、文章だけだったり画像と現物が違ってたりと無料な分、リスクを伴います。

目利きの能力は積めそうですね!

出品されている品は目で見えない

というのは、インターネットオークションで入札するかどうかは「画像」「説明文」でしか判断できません。出品者が丁寧な場合は出品物に対して「問い合わせ」ができる場合があります。

なので、「画像」がなかったり、「説明文」が分かり難かったりした場合はトラブルを避けるために欲しい衝動を抑えて入札は諦めましょう。

オークションのルール及び共通規約を分かりやすく

基本的に以下のことを守れば、初心者でもスムーズにいくのではないでしょうか。

※ ヤフオクの場合、落札者の評価が「+1」以上でないと入札できませんので、条件なしの出品物で評価を挙げてから入札しましょう。

入札と落札

入札して落札した場合、ほぼ絶対に落札分+送料(落札者負担の場合)の料金を払わなくてはいけません。

もし払われなかったり落札キャンセルが悪質だった場合、出品者の方から被害届を警察へ届けられますので「落札」の際は自分の手持ちの限度をしっかり決めて考えながら入札してください。

落札時の取引連絡はできるだけ迅速に

もう落札後の連絡事項は「氏名・連絡先・住所・支払い方法」と決まっていますので、すぐに払い終わるなら払った後、払うのに1日程度かかるなら払う前と迅速にかつ正確に連絡しましょう。

支払いに関して

取引連絡でしっかりと出品者に伝えましょう。確認が遅れたり、悪質の場合「無かったこと」にされるので注意しましょう。

例:銀行支払い、ネットバンキング簡単決済などがあります。

支払ったのに出品者から届かない

私はまだ遭遇したことないのですが、もし遭遇した場合まずオークションサイトの運営会社に伝えてから警察に行き「被害届」を出しましょう。

これは、詐欺罪になるので指定日より数か月遅れたなどの理由に「仕入れが遅れた」というような後付けは通用しません。

気を付けるべきことのまとめ

自分の所持金で入札限度を決めてから入札する

当たり前で、自分の所持金以上の金額で入札をして落札したらその金額で支払わなくては行けなくなります。ほぼ強制なので、キャンセルは基本できませんので注意してください。

「押し過ぎた」は、故意の入札なのでキャンセルの理由にはなりません。

悪徳業者には気負付ける

画像と説明文をしっかり読んで考えてください。しっかりと説明されていなかったり、画像が変だったりしたらトラブルを避けるため、入札は諦めましょう。

オークションサイトの規約は絶対

自分勝手なことは許されません。というのも、勝手な理由で取引途中にキャンセルはできません。「ノーリターン」も規約として認められているので「返品」もできません。

よく考えて入札しましょう!

まとめ

オークションで家電購入費を少し省中で、入札までにしっかりと説明文と送料のことなどしっかりと熟読してこれはいい出品物なのか悪い出品物なのか吟味をしてください。少なから、悪質ながら廃品まで出品する人もいるみたいですので気を付けましょう。

そして自分で決めた額に近づいたらやめましょう。頭に血が上って入札戦争になったら省くどころか節約にもなりません。

さぁ、オークションを制すれば節約にも貢献すると思いますので、気を付けつつ利用していきましょう!!

スポンサーリンク

フォローする

運営者・筆者
 

運営者(兼)筆者 : そるてぃ・らいん

情報系の学生で、平成生まれのアニメ・ゲーム・パソコンヲタク。 所謂ネトゲーマー。

三度の飯よりミルクティーが好き。安いものを見たら相応かそれ以上か確かめたくなる心情。