新生活を始める学生に必見!安く収まるインターネットの契約方法とは?

今時インターネットの回線が無いのは行動自体が制限されているようで、いささか辛いものがあります。

というのもインターネットを介するアップデートプログラムなど回線が家に通ってないと決まった場所で更新するしかありません。当然、タダで使用できるだけ有難いですが…

さて、今回のテーマで「インターネットの料金を安くする方法」とありますが、いろいろな契約プランがある中で、格安で契約できるプランを固定回線、モバイル回線に分けてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

固定回線

通信容量と通信規制にとらわれることがなく規制がないため、速度が安定して思う存分インターネットが楽しめます。後付けで無線LANもつけることが可能で、スマートフォンの更新設定も楽にできます。

ただし、固定なので工事費はかかります。賃貸によっては、規定より安くなったり掛からなかったりしますので、契約する前に不動産屋へ確認をとって置きしょう。

格安プランのプロバイダー

プロバイダー毎に格安プランを挙げていきます!

So-net コミュファ光
プロバイダー料 + フレッツ光の利用料 = 約4200円

学割対応、4200円から50%OFF

au光
プロバイダー料 + 回線利用料 = 約3800円

未対応賃貸が多数。

契約により、auスマホの使用料金が割引される(500円~800円程度)

OCN光 マンションタイプ
プロバイダー料 + フレッツ光の利用料 = 約4600円

安定的なネット回線。運営管理人も使う。

高速モバイル回線

高速モバイル通信というのは、スマホのモバイル通信とは違って独立した受信機という定義で紹介していきます。

この高速モバイル通信の受信機を持つことによっていろいろな場所、場面で使えるので小回りは効きますが、モバイルだけにデメリットもありますのでご承知の上どうぞ。

格安モバイル通信プラン

WiMax 2 +
初期費用

端末機器代金 + 専用グレードル代金 = ¥21,750

月額

¥3,609(税抜) ~

場合によっては、キャンペーンの特典により無料となるケースがあります。auスマホのユーザーは割引されます。

高速モバイル通信のデメリットはアプリ更新とかですぐに規定のキガ数超えちゃって低速になりますので、契約を考える際は少し間を置いてからにしましょう。

まとめ

スマートフォンのデザリングで済まそうとする人は気を付けたほうがいいです。パケット通信制限を軽く超える場合があります。なので、ちょっとした時間でインターネットを楽しみたい場合は公衆無線を使うといいです。

学生でインターネット契約を考える人は、対応地域関係なしに間違いなく「Sonet コミュファ光」がお得でしょう。

スポンサーリンク

フォローする

運営者・筆者
 

運営者(兼)筆者 : そるてぃ・らいん

情報系の学生で、平成生まれのアニメ・ゲーム・パソコンヲタク。 所謂ネトゲーマー。

三度の飯よりミルクティーが好き。安いものを見たら相応かそれ以上か確かめたくなる心情。