リゾートアルバイトで困る!チェックするべき寮の設備のリストとは!?

本当に設備が整っていない勤務地で働くと大変です。

私が行ったリゾートアルバイトの勤務地は「飲み水」に関して凄く苦労しました。なんにせよ、従業員が使える水道は飲めないから自分で買ってくれと言われたときは、本当に焦りました。

買えって言われても近くにある商店の閉店が、勤務時間と重なってるためミネラル水すらも変えなかった状況ですから、詰んだと思って途方に暮れていました。その後、お客さんが入る天然温泉の大浴場が仕事終わりに使えると言うので確認したところ、そこに併設されているウォーターサーバーがあり、危機一髪と安心したのを覚えています。

このとき「今度行くときは、従業員が使える勤務地の設備はしっかり聞いた方がいいな」と思いましたね。

今回は、重要視するべき勤務地の設備を一つ一つ挙げていきます。

スポンサーリンク

重要視するべき従業員が使える施設内設備とは!?

飲み水だけではなく、他にも寮生活が苦しくならないようにする設備があるのかを一つ一つリストアップして解説を載せてみました。

必ず、リゾートアルバイトに行く際はこれに全部刻当するかしないかで、勤務先で生活の不自由になるか自由なるかの分かれ道になるので、全部当てはまれば快適性は間違いないでしょう。

確実に飲める水飲み場、及び水道

寮に下宿してリゾートアルバイトをやる場合は、しっかり「飲める水道水」があるのかをしっかり派遣会社に問い合わせることが重要。そして、従業員が使ってよい水道がどこなのかも明確にした方が良い。

水道水は飲めるであろうと行った結果が、冒頭の状態なので水がないと正直辛いです。

今回行った勤務地では、飲めそうな水はホテルの客館だけにしかなかったので、仕事終わりに天然水のペットボトルに水をくんで夜の寝るときにのどが渇いたときに飲んでいました。

扇風機やエアコン

夏場は、扇風機がないのは辛すぎなので派遣会社から来る勤務地の詳細を見てしっかりと確認しましょう。田舎でも30度を超えるぐらい暑かったので、都会より涼しいと思って甘く見てたら辛い思いをします。

また、従業員の寮にエアコンと扇風機すらないということもあるので、見落としが無いようにしたいですよね。ちなみに、今回行ってきた「栃木県那須塩原のリゾートアルバイト」の寮はエアコンが置いてある部屋の場合、月5000円と寮費が掛かりました。

WiFiの有無

WiFiは、寮にないとスマホなどモバイル通信しか使わない人は相当きついと思います。夜更かしの時には大体の人がスマホを使うので、すぐにパケット通信料を超えてしまいます。

たまに北海道など関東から遠いリゾートで、WiFi付きの寮がある勤務先がありましたので確認したいですよね。比較的、新しいホテルが募集している勤務地などにはちゃんと従業員の寮にもWiFiがついているらしく、応募前にチェックするべきです。

また「WiMAXの15日間お試し無料レンタル」があるので、借りれる人は勤務地に行く前に申し込んでおいた方がいいですね。

寮内がきれいなのか(清掃分担または清掃係の存在)

私が行った勤務地の寮(特に共有スペース)は、虫がいろんなところにたかってて相当汚かったので、萎えました。

なので、寮に寮長さんが居て、きちんと清掃分担など管理しているところか清掃係の人が掃除をしてくれる寮がとても好ましいです。

本当にきれい好きかつ若干潔癖の私は、しっかり割り切って生活しないときつかったです。

まとめ

どうでしたか?

どんなにリゾートアルバイトで目当てにしていた設備(温泉など)が良くても、ライフラインがなっていない寮で生活しなければいけないとなるとやっぱり萎えます。

私たちは、勤務地を選ぶ側なのでしっかりと調査して、悔いのない選択をしたいものですね。

スポンサーリンク

フォローする

運営者・筆者
 

運営者(兼)筆者 : そるてぃ・らいん

情報系の学生で、平成生まれのアニメ・ゲーム・パソコンヲタク。 所謂ネトゲーマー。

三度の飯よりミルクティーが好き。安いものを見たら相応かそれ以上か確かめたくなる心情。