リゾートアルバイトの主な職種と業務内容とは?

やはり、リゾートアルバイトというのはお金が稼げるだけではなく、その場所でしかできないことがバイト特権で出来るという醍醐味がありますよね!

私の場合、温泉目当てでリゾートアルバイトへ行きまして、源泉垂れ流しの温泉観光地にある旅館ホテルなんですが、客専用の大浴場にタダで入浴できました。仕事終わりの午前に温泉、午後の終わりに温泉・サウナと天然温泉を満喫していました。

そして私は意識していませんが出会いも、もしかしたらあります!(多分

今回行ったところは、施設のほうが大きかったために、あまり他の従業員の人と接せれる機会がなかったので良い出会いがなかったです。でも、施設の規模が小さいところは従業員同士がアットホームな雰囲気になっている傾向のスポットがあるみたいで、派遣紹介会社の方に問い合わせたら雰囲気も分かりそうです!!

そんなリゾートアルバイトですが、せっかく行こうと読者さんは情報収集をしていると思うので、仕事の業種と業務内容をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

主なリゾートアルバイトの業種とは?

まず、リゾートアルバイトで主に募集されている業種を挙げて行きます。以下の業種は、私が派遣会社から送られてくる勤務地募集メールで見かけたものを挙げています。なので、ある程度は網羅されているのではないかと思います。

宿泊施設(旅館・ホテル)

宿泊施設には、色々な仕事があります。旅館やホテルによって、募集している仕事の内容が異なりますので、確認が必要です。

フロントや仲居など客と常に対応を行うような業務の場合、未経験者のバイト派遣での募集は少ないですので、もし仲居さんをやりたい場合は派遣会社と相談して決める感じになると思います。

よく募集されている業務内容

・ 仲居・ベルなどの客室接客員

客の荷物を運びながら客室誘導が主な業務、ホテルや旅館であれば客間の布団敷き畳み、配膳と下膳なども熟す。

・ ホテルや旅館のフロント

受付業務、電話対応、事務作業など

・ 調理補助

専属調理師、料理長の調理補助

・ ウェイトレス

館内レストランの接客や配膳や下膳。またバイキング方式のホテルもあるため、時間との闘いの部分もあります。

・ 館内や敷地内の売店スタッフ

品出し、陳列、接客応対。コンビニとほぼ同じ。

・ 裏方業務

客間(客室)、エントランス(公共間)、大浴場などの設備の清掃。使用済みのタオルや客用浴衣の回収。

持っておいた方が良いスキル・精神

・ 常識範囲の礼節や接客能力

大抵の日本人なら持っている礼節と経験したアルバイトで使った接客能力程度で問題はないと思います。またホテルや旅館の場合、リゾバの派遣だからと行ってすぐに仕事をさせてもらえません。しっかりと宿泊施設で必須な接客研修がありますので、安心してください。

・ コミュニケーション能力

やはり宿泊施設は、現場なので上司や同僚(派遣同士)の状況把握のためのホウ・レン・ソウがあります。なので的確に伝えるためのコミュニケーション能力が必要です。まず、コミニュケーションの第一歩は「恥ずかしがらないこと」なので落ち着いて伝えてあげましょう。

・ 状況の対応能力

これはどこでも言えることですが、宿泊施設も客がわんさか居る時間帯と落ち着く時間帯があります。なので、急に増えたときにどれだけ現場指揮の担当者の指示を上手く聞けるかが重要になってきます。(特にレストランのウェイトレス)ここで、無駄を省いた行動を取って効率的な動きをしたらリゾバの派遣と言えどそれなりの評価は受けます。

・ 勘定計算能力

これは、私の経験談からでレストランのディナーの際、単品で飲み物を頼まれたときに「飲み放題」にした方が安くできると勘定をしたとき、客に「飲み放題」を勧めるときの能力です。

フロントでも客が単品プランを頼んで自分で勘定しながらやると、ちょっとした気づきで、安くなるプランを提示してあげることもできますよね?そんな感じです。

・ メニュー・プランを覚えきる根性

記憶力というより極論で行ってしまえば、根性があれば絶対に覚えきれます。

レジャー施設

海やプール、動物園と肌で感じるリゾート気分で働けるアルバイトは、とても貴重だと思いますが、それなりに大変です。

ですが、宿泊系のリゾバよりも経験した後の視野が広くなることは間違いないので、レジャー系アルバイトの未経験でも為になる仕事だと思います。

よく募集されている業務内容

・ インストラクター

リゾート施設が提供するレジャー・ダイビング・スキーなどの指導

・ ビーチ内の売店(海の家など)

飲食物の販売や接客など

・ プール・ビーチ、スキー場の監視員(ライフセーバー)

プールやビーチ、スキー場の監視業務、要救助者の救助、ケガの対応、瞬時な救急要請など

・ スキー場のメレンゲやアトラクション管理の従業員

スキー場のリフト業務、リゾート敷地内にあるアトラクションの安全管理や操作業務など

・ リゾート地敷地内の動物園の飼育員

決められた時間のエサやり、檻や園内の清掃など

持っておいた方が良いスキル・精神

・ 常識範囲の礼節

レジャーなので、そんなにかしこまった接客は不要で、フレンドリーな感じで応対するのが一般的です。やはり、レジャーを楽しみに来ている人が多いので明るく振る舞えるだけでいいと思います。(高校時代の経験談)

・ 危険察知能力

これは、人命が関わるレジャーやアトラクションなら絶対必要です。自分が気づかなかったら誰も気づかないと思った方が良いです。なので、「これがあったら危ない」など客が気づきにくい危険をできるだけ察知して伝えてあげます。

・ 相手のこともしっかり把握できる能力

危険察知能力に繋がる能力で、自分だけではなく相手がどう動いたら危険なのかをしっかり把握することが大切です。またどういう状況が起きたら危ないとかイメージして把握できればなお良いです。

・ 的確な指示・状況がはっきり言えるコミュニケーション能力

多分、これに自信がない人は「監視員系」は辞めといた方がいいと思います。(高校時の経験談)これは、プールやビーチで溺れている要救助者を救出するときにバイトの誰であろうと瞬時に「トランシーバー(無線機)」を使って他の監視員に指示または応援を呼びます。海の場合は、おそらく一人では救出できないと思われるので自分の見た状況をしっかり伝えて、応援要請と救出後の展開を指示しなければいけません。

人命の最前線は、アルバイトであろうと未経験者であろうと平等に責任というものがのしかかるので、しっかりとやらなくてはいけません。

・ 後のことをビジョンとしてイメージ出来る状況判断能力

人はたまに予想外の動きをします。例えば、酔っぱらって隣のプールへ落っこちてしまった状況で、自分が飛び込んで助けなければなりません。ですが、酔っぱらった人がプールの隣に来た時点で、自分が寄り添ってあげて近くの休憩所などに連れていくことができます。つまり、そういうことを衝動的にできるかが大事となります。

・ プロの人と当たり障りのないぐらいの運動能力

レジャーの従業員はみなプロとして扱われるので、並み以上の運動能力は必要です。

まとめ

どうでしたか?

業種にも責任あるものから気軽に出来るものまで幅広くあります。ですが、共通して言えることは「明るくしっかりやること」です。客からしたら裏方でもホテルや旅館、レジャーの顔ですから余り脱力した感じややる気のない感じでやるのは、絶対に不愉快になるのは間違いないでしょう。

またその分、リゾートアルバイトは宿泊客の対応とかで忙しいけれどもそれを跳ね除けるほどのモチベーションを維持できる設備は観光地としてあります。なので、絶対に最大限活用するべきです!

私もシフトが休みの時にも温泉に入れたのですごい満足して帰れました!!あなたもこの業種の中から自分に合う仕事を選んで、最高のリゾバライフを満喫しましょう!!