リゾートアルバイトで稼げる業種と額とは?

リゾートアルバイトをやりたい主な理由として「稼げる」「稼げそう」だからというようなことをよく見ます。あながち間違ってはいませんが、対して稼げる目安は首都圏でやる普通のバイトと何ら変わりません。

でも、地方の普通のバイトは首都圏と比べたとき時給単価が低い場合があるのでリゾートアルバイトの方が稼げるかもしれません。なので、一概にリゾードアルバイトは「たくさん遊べる」「たくさん稼げる」ようなところとは言えないと、まず最初に言っておきます。

今回は、リゾートアルバイトで稼げる業種と金額についてまとめてみました。

スポンサーリンク

稼げる仕事・業務・勤務地

やはり、稼げる仕事というのはそれなりにセンスと知恵、根性と知恵が問われる業種であります。基本的に時給が高い業種・勤務地を挙げてみました。

また、特に他業種よりも勤務時間が割と多いのでお金が貯まりやすいという「お金稼ぎ」に最適な仕事でもあります。

これに挙げる業種勤務地の時給単価が「900円~1200円台」です。

調理補助

リゾートアルバイトのサイトでよく募集されるのは「調理補助」で、いわゆるトッピングなどの調理の手伝いです。

これは、料理ごとに決められた調理方法と盛り付けあるので「適当」なことはできません。また、ホテル・旅館のもう一つの顔となるものなのでそれなりに責任があります。(私の経験談)

調理師資格を有してなくても、「調理補助」の業務はできるので「調理師を目指している人」「料理が好きな人」はとってもお勧めです。あと、料理のマニュアルを覚えるのが早くかつ調理に手練れているとよく気に入られるのでチームワークがさらに高まりそうですね。

仲居

この業種は、接客から裏方作業まで幅広く熟さなくてはいけません。なので、必然的に残業や勤務時間が他の業種よりも多めです。

本州の温泉地周辺にある旅館や温泉ホテルが主に仲居さんを女性男性ともに募集しているところも多く、未経験者でも手厚い研修を受けられるところも少なくはありません。ちょっと新鮮な業種を経験してみるのもいいのではないでしょうか。

もし、時給1000円以上であれば中抜きシフト無しの10時間勤務であれば1万円以上稼げますよね!

館内バーテンダー

あまり、募集を見かけない業種で「お酒を扱う仕事」になります。これは女性限定の業種で、リゾートアルバイトの中でも最もトークなどのセンスが問われるところです。

深夜帯のシフトが多いので時給単価が「1100円~1500円台」です。お酒好きや話すのが得意又は好きである人には良い職種ですね!

関東周辺&観光客が多く集まる観光地スポット周辺

やはり都心に近いほど観光客の流入が多いので必然と業務の難易度が上がり、時給単価が上がっていく傾向があります。

人が多いとそれなりに仕事量、仕事内容が大変になっていくので高時給だけに覚悟しておいた方が良いです。また、高時給と簡単という二つの単語が重なるリゾートアルバイトはそうそうないです。

稼げない仕事・業務・勤務地

地方によって、時給単価が多い少ないがあり、業種によっても稼働の無駄を省くために無駄な仕事時間を減らしている「中抜きシフト」というのもあります。

そして、何ともキツそうであるレジャー業など期間限定のアトラクションは客数の波が一定ではなく、少ない時もあれば多い時もあるということで賃金が、割と安いという点もあります。

時給単価が「700円~950円前後」です。

レジャー業

監視員などの割と責任が重い業種は除いて、アトラクションや設備の運用といった簡単な業種は、田舎にあるコンビニ並の時給単価で安いです。

なので、なにかやりたいことがなく、ただ「お金を稼ぎに来た」だけではちょっと物足りない感があります。

裏方業務

ホテルなどの裏方業務は、掃除や使用済みのタオル・浴衣を回収するのが主な仕事で、稼働時間がどの業種よりも少ないです。

時給としては、いいもの1日の稼働時間が5時間など働ける時間が少ないとお金はあまり稼げません。

沖縄・北海道周辺

沖縄と北海道は、時給単価が日本一低いことで有名です。しかし、温泉や新鮮な海の幸を非番の時や仕事終わりに堪能できるので人気のリゾートアルバイトとなっています。また、沖縄は物価が安いため北海道の時給より「100円前後」安いです。

安いからといって働きに来る人は多く、人気の観光スポットということもあり、時給単価相場は上がっていないのが現状です。

やはり、北海道・沖縄へアルバイトをやるというのは「労働力で思い出を買う」といった感じで、お金が目当てではなく、自分の地元ではできない事を経験するために来る方が多いです。なので、北海道や沖縄へ行く人は自分のやりたいことを探してから行った方がより満喫できるリゾートアルバイト生活ができるのではないでしょうか。

1日に稼げる金額の目安例(中抜きシフト)

一応、私が経験したホテルのウェイター(ウェイトレス)をやってみて、2週間で稼いだ金額を教えましょう。

「午前は4時間:4000円」「午前は4~5時間:約4000円で」合わせると大体、約8000円ですね。

週休が1~2日なので、12万近くの収入となりました。

実際のところ、リゾートアルバイトは月収金額以上の価値を堪能しなければ、リゾバのやる意味がないです。私の場合は「源泉垂れ流しの温泉を思う存分堪能」しました!

リゾートアルバイトは選ぶの基準が大切

リゾートアルバイトの醍醐味、価値観を自分なりに見つけてから勤務地を探していかないと後々働く直前になって「なんで自分はここにいるんだろう」というようにモチベーションもダダ下がりで、仕事にも意欲的にできません。それなら、地元のアルバイトをしてたほうがよっぽどいいです。

実際に給与額だけで行けば尚更、普通のアルバイトでも満足できます。しかし、リゾートアルバイトは、自分が住む地元では出来ないことをやることによって何かしらの刺激を受けると思います。

なので、しっかりと悔いの無い選択ができるように「この勤務地でこういうことがしたい」というように目的意識を持って選びましょう。

まとめ

どうでしたか?

リゾートアルバイトは、ただのアルバイトではありません。貴重な体験、若干お得な体験ができる夢の仕事です。

ただ「効率的にお金が稼げそう」というだけでは、長続きできないのでモチベーションを上げる何かを勤務先へ行く前に探しておく必要があります。例えば「温泉に入りたい」「スノボがしたい」など。

稼げる金額を数えるのも良いですが、そこでやりたいことも考えましょう!

スポンサーリンク

フォローする

運営者・筆者
 

運営者(兼)筆者 : そるてぃ・らいん

情報系の学生で、平成生まれのアニメ・ゲーム・パソコンヲタク。 所謂ネトゲーマー。

三度の飯よりミルクティーが好き。安いものを見たら相応かそれ以上か確かめたくなる心情。